注目のケミカルピーリングで新しい綺麗な肌を再生させる治療

日本人の肌に合うマイルドな処方で、それぞれの肌質や症状に応じ、酸の濃度や塗布時間を調整。肌の負担を最小限に。

美白・美肌の専門サイト

治療法から探すケミカルピーリング

欧米で注目を浴びたケミカルピーリングですが、グリコール酸などの化学物質を使って皮膚表面をある一定の深さまで剥ぎ取り、新しい綺麗な肌を再生させる治療です。ニキビ、脂性肌、小じわ、くすみなどの改善に効果があります。皮膚表面を剥ぎ取ることで、ターンオーバーが進み、新しい皮膚が再生されて皮膚構造の各層において様々な健全化がみられます。ほとんどのクリニックでは日本人の肌に合うマイルドな処方で、患者さんそれぞれの肌質や症状に応じて、酸の濃度や塗布時間を調整し、肌の負担を最小限に抑える工夫をしています。

治療法や注意事項

レーザ治療は、カウンセリングの際に、ドクターが症状を見た上で、最適な照射回数を判断します。手術部位の大小にもよりますが、基本的には、手術後すぐに入浴やメイクが可能です。レーザーの場合は、焼き焦がしてはがす原理がもちいられているので、一時的に火傷したような状態になります。そのため紫外線対策は万全する必要があります。赤味が引き、かさぶたがはがれた後は、きれいな素肌に生まれ変わります。

▲ケミカルピール施術風景
MENU