秋の集中ケアで、冬でも美白とハリ肌をキープ!

美白ケアには、ビタミンB群やビタミンCを食品やサプリメントで摂取するのも効果的ですよ。

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 肌ケア

2016年9月21日 更新

秋の集中ケアで、冬でも美白とハリ肌をキープ!

食欲の秋に、読書の秋、スポーツの秋……。
秋は色々なシーズンですが、敢えて言いましょう、「美白の秋」でもあると。

秋は夏のダメージを回復させ、冬の過酷な乾燥シーズンに向けて強いお肌を作る大切な季節です。この時期のケアが、今後の冬のお肌の状態を決めるといっても過言ではありません。

夏の疲れをさっぱりと取り払い、次の季節に向けての準備をする大切な季節だからこそ、少し面倒でも集中的にケアをしましょう。

夏のダメージとシミを残さないために

夏の紫外線でダメージを受け、水分量が減った肌は、まるで日照り続きの土のよう。かさかさに乾燥し、ところどころひび割れています。
ですからまずは、水分をたっぷりと補給すること。
顔がべたべたするのは、汗のせいだけではありません。お肌の水分量が減って、これ以上水分を逃さないようにするために皮脂が過剰に分泌され、皮膚を覆っているのです。
水分を与え続ければ、顔のべたつきや、水分不足によるくすみも解消されていきますよ。

それから、シミを作らないためにも、活性化しているメラニンの働きを抑えること。今こそ美白化粧品の出番です。
朝晩しっかりと美白化粧品で潤いを与えつつ、シミになる前にお肌を元の状態に戻してしまいましょう。

美白ケアには、ビタミンB群やビタミンCを食品やサプリメントで摂取するのも効果的ですよ。

冬の乾燥シーズンに向けてできること

ひび割れお肌を普通の状態まで戻したら、今度は次のシーズンに備えてたっぷりと栄養を与えなければいけません。
美容液やクリームで、しっかりお肌に潤いと栄養を与えてください。

また、美容によい食品を摂ることで身体の内側からもケアできるとなお良いですね。
秋は食べ物がおいしいので、太り過ぎない程度に旬のものを積極的に食べましょう。
秋刀魚や秋野菜、柿、秋鮭、りんご、さつまいも、栗などは美肌を作る手助けをしてくれますよ。

今から備えて、冬でも乾燥知らずのうるツヤ肌に!

毎年毎年、冬になるとお肌がガサガサに乾燥する人は多いことと思います。
しかし、秋から冬に向けての準備をしていくことで、徐々にお肌も冬支度が整い、乾燥に強く免疫力も高い肌を作り上げることができます。

水分がしっかりキープされているお肌は、乾燥肌よりも白く輝いて見えます。
また、しっかりと夏の日焼けをケアしておくことで、この冬はいつもよりワントーンもツートーンも明るい肌がキープできるはず。

うるツヤ美白肌を決めるのは、秋の集中ケアです。いかに今の時期のケアが大切かが解りますね。
毎日のセルフケアも大切なのですが、せっかくですから、イオン導入や、プラセンタ注射、アンチエイジング点滴などのクリニックでの施術も上乗せすると、更にお肌の調子が整いますよ。

冬でも乾燥知らずのうるツヤ美白肌って、あこがれますよね。今年の冬はぜひ手に入れてみてください。

MENU