にっくき美白の敵「紫外線と日焼け」

白い肌をキープするためにできるホームケアについて

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 肌ケア

2016年7月15日 更新

夏本番!日焼けを残さないためにできること

梅雨もあけて、いよいよ夏本番ですね。
そうなると、ここで気になってくるのはやはり紫外線と日焼けのこと……にっくき美白の敵ですもの!

そこで今回は、できるだけ日焼けのダメージを少なくして、白い肌をキープするためにできるホームケアについて述べたいと思います。
紫外線対策をしている方も、おさらいの意味で確認してみてくださいね。

基本はとにかく日光を避けること

笑顔の女性

紫外線は身体の中に活性酸素を生み出します。
活性酸素は、メラノサイトを刺激してシミを作り出し、コラーゲンを破壊してお肌を老化させたりしますから、美白をめざすならとにかく紫外線をカットすることです。

一番良いのは家から出ないことですが、そういう訳にもいきませんよね……。
ですから、外出時は帽子や日傘、サングラスを使いましょう。勿論、日焼け止めもしっかりと使うこと。
アームカバーやUVカットのカーディガンもいいですね。

内面からもケアを

UVをカットする外的ケアも重要なのですが、更に身体の内側からのケアもできることをご存知でしょうか。
特に日焼けをした後は、以下のような食事を心がけ、内面からもシミを予防しましょう。

  • ビタミンA……コラーゲンの生成を助け、肌を健康に保ちます。
    緑黄色野菜に多く含まれます。
  • ビタミンC……メラニン色素に働きかけてシミやそばかすを防ぎ、コラーゲンの生成も助けてくれます。一日に数回に分けてこまめに摂取しましょう。
    柑橘類、イチゴ、アセロラなど。
  • ビタミンE……抗酸化作用でシミを予防します。ビタミンCと一緒に摂ると効果が高まります。
    ナッツ、ゴマ、大豆など

日焼けしたと思ったら……必ずホームケアを!

紫外線を100%カットすることができれば一番なのですが、しかしどんなに気をつけていても、日常生活を送る以上必ず日焼けはします。夏の強い日差しですから、なおさらですね。
日焼けしたかな、今日は紫外線をけっこう浴びたかも……と思ったら、その時は必ずホームケアで少しでもシミが沈着することを防ぎましょう。

日焼けをした後の肌は水分が不足しますから、炎症を起こしていないようであれば、まずはたっぷりと保湿をしましょう。

あとはビタミンC等の美白有効成分が配合された化粧品でしっかりとケアを!
ここでの「日焼け直後のしっかりケア」が、メラノサイトの働きを抑制して、シミの発生・沈着を防いでくれますよ。

また、ホームケアで手ごたえを感じないようでしたら、クリニックでのイオン導入もおすすめです。
ホームケアではほとんど表皮にしか美白有効成分が届かないのですが、クリニックでのイオン導入であればお肌の奥深くまで叩き込んでくれますから、効果がバッチリ表れます。
ビタミンC以外にも、シミの元にダイレクトに効くトラネキサム酸などを導入することもできますよ。

夏は肌を白くすることは考えないで、とにかく紫外線を予防です!
更にその後もしっかりと美白ケアをすることで、夏の日差しを乗り切りましょう。
夏の紫外線ダメージをカットできたぶんだけ、その後のあなたの美白肌が守られると考えましょう。

MENU