日焼けしやすい手、美白&保湿ケアしていますか

手は紫外線ダメージを受けやすいため、細胞が老化しやすい箇所です。お手入れを怠らないように心がけましょう。

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 肌ケア

2016年5月25日 更新

日焼けしやすい手、美白&保湿ケアしていますか

美白ケアといえば、皆さんはどこを重点的に行っているでしょうか。
当然、ほとんどの方が「顔」と答えることと思います。
けれども、実は顔よりも日焼けをしやすく、しかもダメージを受けやすい箇所があるのをご存知でしょうか。
どこだかわかりますか?
そうです、実は「手」なんです。

手や腕にもエイジングケアを!

手

手がどのくらい紫外線を受けやすいのか。まず、自分の手の甲をよく観察してみてください。
日があたらないおなかの皮膚などに比べて、キメが荒くなっていたり、日焼けで色が黒くなったりしている筈です。
更によく見ると、シミやそばかすができていることも……。

顔に関しては、帽子をかぶったり基礎ケアをしたり、日焼け止めを塗ったり……と女性はマメなケアをするのですが、意外と手のケアは忘れがちです。
手だって紫外線や乾燥でダメージを受けますから、本来ならちゃんと美白や保湿のエイジングケアが必要です。
でないとお顔はピカピカでも、手がシワシワガサガサで、皮膚がたるんだりシミができたり……と、老化が出てしまいますよ。
それは避けたいですよね!

どうやってお手入れをしたらいいの?

ではどうしたら良いか。お手入れといっても、とっても簡単です。
お顔と同じように、「日焼け」と「保湿」に特に気をつけてあげてください。

日焼け対策には、日焼け止めやアームカバーを使うこと。春~夏には必ずUVケアをしてください。
自転車に乗る方は指先が紫外線に晒されやすいので、特に気をつけましょう。
最近では美白成分入りのハンドクリームも発売されているので、使ってみるのも良いでしょう。
また、ビタミンC誘導体などが含まれる美容液を塗ってあげるのもGOODです。日焼けによるダメージやメラニンの沈着を抑えてくれますよ。

保湿に関しては、ハンドクリームを利用します。手を洗ったあとや、水仕事をしたあと、就寝前など、気付いたらこまめに塗る癖をつけましょう。
湿った皮膚は表皮の水分を蒸発させるので、必ずハンドクリームで蓋をします。

その他、毎日お顔に化粧水やクリームを塗る際、少し多目に塗って、余った分を手や腕にも塗ってあげること。
更にそのときに、指の股や爪の横などを押したりして、ハンドマッサージをして血行をよくしてあげるのもいいですね。

手は、水仕事や洗濯などで思いの他荒れやすいパーツでもありますから、特に乾燥の厳しい冬場は、手がかさかさする前にヘパリン誘導体や尿素を含有するローションやクリームでバリア機能を高めてあげてください。

いろいろと書きましたが、特に難しいことは考えなくても、手にも思いやりをもってケアすればいいだけなのです。

美しく白い手で若さを演出!

手は紫外線ダメージを受けやすいため、細胞が老化しやすい箇所です。
手にシミやシワが出てしまうとメイクで隠すこともできませんから、本当の年齢が出やすい部分ともいえます。
ですから、美白美人を目指すなら、顔だけでなくきちんと手や腕のお手入れも怠らないように心がけましょう。
若々しく美しい手は、女性としての魅力をアップしてくれる筈です。

さっそく今日からハンドクリームと日焼け止めを使ってみては?

MENU