乾燥に効く食べ物

健全な肌を作ることができれば、身体の内側からお肌を潤すことができます

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 食べ物

2016年2月8日 更新

目指せインナービューティ! 乾燥に効く食べ物

厳しい日本の冬

お部屋の湿度計も50%を切る日が増えてきました。
冬本番、いよいよ寒さも乾燥も厳しくなってきましたね。

ところで皆さんのお部屋に加湿器は置いてあるでしょうか。
冬のお肌の一番の敵は「乾燥」であることはご存知のことと思います。
乾燥には、加湿、入浴、保湿等のケアがありますが、それでもなかなか追いつかないのが厳しい日本の乾燥です……。

外側からの保湿ケアは皆さんきっとやっていると考えて、今回はちょっと視点を変えて、乾燥に対して効く食べ物、身体の内側からのケアを考えてみたいと思います。

乾燥に効く成分と食べ物

それでは乾燥に有効な成分は、どのようなものがあるのでしょうか。
いくつか紹介してみましょう。

乾燥に効く食べ物の画像
  • たんぱく質…お肌を作るために、一番基本となる栄養素です
    【食材】肉、魚、卵、乳製品、豆類
  • セラミド…水分や脂分のバランスを調節し、細胞同士をくっつけてお肌のキメを整えます
    【食材】こんにゃく、米、ミルク、とうもろこし
  • ビタミンA…肌のバリア機能を高め、ターンオーバーを促進します
    【食材】小松菜、うなぎ、レバー、青魚
  • ビタミンB郡…代謝を促し、お肌にハリや弾力を与えます。特にビタミンB1、B2、B6、B12が乾燥対策によいと言われています
    【食材】豚肉、緑黄色野菜、レバー、納豆、ニンニク
  • ビタミンC…コラーゲンの合成に必要。肌にハリを与え、メラニンの合成を抑えます
    【食材】ブロッコリー、ピーマン、パセリ、柑橘類、はちみつ
  • ビタミンE…血液をサラサラにして、血行をよくする働きがあります。強い抗酸化作用により、アンチエイチング効果も期待ができます
    【食材】アボカド、かぼちゃ、アーモンド、はまち、赤ピーマン、納豆

上記のどれもが、健康な肌細胞を作るのに必要な栄養素です。
健全な肌を作ることができれば、身体の内側からお肌を潤すことができますから、どれもバランスよく摂取していきたいですね。

こんな食べ物には注意!

そして、乾燥に効く栄養素を摂取することも大事ですが乾燥を助長させるものを摂りすぎないことも大切です。

たとえば、インスタント食品や、甘いもの、添加物、刺激物や塩分などの過剰摂取は、お肌の水分や栄養のバランスを崩して、肌荒れを起こしやすくします。
更にお肌だけでなく、体調も乱れやすくなりますので、摂取量には充分気をつけましょう。

健康なお肌は、健康な身体あってこそです。

目指せ、インナービューティ!

身体の健康状態は、必ずお肌に出ますから、
質のよい睡眠と食事で体内の環境を整えることが、美肌への一歩と考えましょう。
食事で内面からの美を手に入れれば、冬の乾燥だって怖くなくなりますよ。

お肌にも身体にも厳しい季節だからこそ、表面のケアだけでなく、身体の内側からのケアも忘れずに。目指せ、インナービューティ!

MENU