油断大敵。秋の紫外線も意外に強力

秋の正しいケアをきちんと知っておかないと、美白には程遠い、シミや肌荒れの原因に

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 紫外線

秋の紫外線こそ注意が必要! ケアを怠るとシミの原因に?

夏を乗り切ったからといって、油断していませんか

最近めっきり涼しくなってきましたね。急激な気温差に体調が優れない人も多いのではないでしょうか。実は、お肌の調子にも同じことが言えるんです。
たとえば、皆さんは秋の紫外線について、どのようなイメージを持っているでしょうか。もしかして、「夏より弱まったので安心」……などと思っていたりしませんか?
実は、その油断がとっても危険なんです。秋の正しいケアをきちんと知っておかないと、美白には程遠い、シミや肌荒れの原因を作ってしまいます。
では、秋のお肌はいまどのような状態にあるのでしょうか。

秋は夏の肌ダメージがでてくる頃

うだるような暑さの夏、今年はどのように過ごされたか思い返してみてください。
肌荒れやシミの原因になることがたくさんありましたよね。たとえば……

  • 日焼け……日焼け止めや帽子で対策をしていても、完全に紫外線を防ぐことは難しかったのではないでしょうか。白い肌もこんがりと焼け、メラニン沈着のシミやそばかすなどできてはいませんか?
  • エアコン……シミやくすみの大敵は乾燥です。夏のエアコンで、お肌もかなりダメージをうけたはず。
  • 夏バテ……夏バテで食欲がなく水分だけで過ごした、もしかしたらそんな日もあったことと思います。胃腸の不調や食生活の乱れはすぐにお肌に出てしまいます。

これらは夏のことでしょう? と思われるかもしれませんが、お肌のターンオーバーは28日周期ですから、夏のダメージが表面化して肌トラブルとなって出てくるのがちょうど秋なのです。
そういえば、きちんとケアもして睡眠も充分にとっているのに、なんだか肌がくすんで化粧の乗りも悪い……。そんなことってありませんか。もしかしたらそれは夏に蓄積されたダメージかもしれませんね。

思ったよりも強い秋の紫外線

夏の紫外線が、一年でもっとも強いのは周知の事実ですね。
けれども、紫外線は秋になったからといって、突然和らぐ訳ではありません。夏ほどではないにしろ、秋の紫外線も意外に強力なのです。
たとえば、表皮細胞を傷つけ色素沈着の原因となるUVBは冬までには夏の20%ほどになりますが、光老化によりシミやしわ、たるみの原因となるUVAは冬でも夏の50%ほど……と、夏のダメージで弱ったお肌には秋の紫外線はまだまだ刺激が強いことがわかります。
そのため、美白肌のためには少しの外出でもしっかりと帽子をかぶり、日焼け止めを塗って対策することが重要です。

秋の間にやるべきこと

このように秋は気を抜くと、夏のダメージで肌が弱っているところに、気温差や乾燥、紫外線で更なるダメージを与えかねないのです。一年で一番お肌のケアが重要になる季節ともいえます。
油断せず、毎日しっかりと帽子、日焼け止め、日傘で紫外線対策をしましょう。
同時に、夏のダメージと乾燥のための保湿ケアも行って、お肌のバリア機能を回復させてください。
今が夏の不摂生を取り戻すチャンスです。睡眠と、おいしくて栄養もたっぷりある秋の味覚で体の調子を整え、美しく輝く白い肌を手に入れましょう。

MENU