美容に効果のある秋の食材

夏のダメージにはビタミンC、アンチエイチングにはポリフェノールやビタミンAを

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 食べ物

美肌をつくるために採りたい秋の食べ物

芸術の秋・読書の秋・スポーツの秋・食欲の……

昔から「天高く馬肥ゆる秋」と時候の挨拶にも使われるように、食べ物のおいしい季節の到来ですね。
果物に焼き芋、栗にきのこにさんまに新米……と舌鼓をうつものが沢山溢れていて、ついつい食べ過ぎてしまいがちです。
そんな、味は抜群、栄養もたっぷりな秋の味覚ですが、実は、秋の食材には美肌や美白に効果があるものがたくさんあることを知っていますか?
せっかくですから、その中でも特に美肌や美白効果のある食べ物を知り、積極的に取りたいものです。
では、どんな食材が美容に効果があるのでしょうか? ここではその一部を紹介したいと思います。

美容に効果のある秋の食材

・柿
皆さんも口にすることの多いと思われる柿ですが、よく「柿が赤くなれば、医者が青くなる」といわれていることからも解るように、非常に栄養価が高い果物です。特にビタミンCがおどろくほど豊富に含まれていて、その量は100g中およそ70mg。みかんの約二倍です。柿を一個食べれば、一日のビタミンC摂取必要量が取れてしまします。
ビタミンCは、日焼けやシミを防ぎ、沈着したメラニンやシミを薄くする効果があります。
また、他にも抗酸化作用のあるカロテンや、むくみに効くカリウム、丈夫な肌を作るビタミンAも多量に含まれるすごい果物なんです。
ちなみに、柿に含まれる渋み成分「タンニン」は二日酔いにも効くそうですよ。

・さつまいも
さつまいもに含まれるビタミンC、ビタミンB郡は美肌にとっても効果があるとされています。特にビタミンB2は新陳代謝を促し、肌のターンオーバーを正常に整えます。
さらに多量に含まれる食物繊維で便秘解消することができれば、お肌もつやつやに。女性の強い味方ですね。
ちなみに皮にも栄養素が多く含まれているので、できれば皮ごと食べることをおすすめします。最近のさつまいもは皮もおいしく食べられる品種が多いので、ふかし芋などいかがでしょうか。

・さんま
ビタミンB群・D・E・A等を含んでおり、DHAは肌だけでなく脳の老化も予防します。
EPAは血液中の中性脂肪を減らして、血液をサラサラにしてくれます。
鉄分も多く含むので、貧血や新陳代謝の活性化にも効果があるといわれています。美容に限らず、まさに万能の食材といえますね。
わたにも更に多くの栄養素が詰まっていますので、苦味が平気な人は残さず食べましょう。
大根おろしと一緒に食べると吸収がよくなり、更に美容効果がアップしますので、是非たっぷりのおろしと一緒にどうぞ。

食材で、体の内側から健康に!

いかがでしたか?
今の時期だけの秋の味覚。おいしくたっぷりの栄養素が詰まっているなんで、素晴らしいですね。夏のダメージにはビタミンC、アンチエイチングにはポリフェノールやビタミンA……と状況に応じて、積極的に摂取していきましょう。
これからやってくる厳しい冬に備えて、食材を使って身体をメンテナンスすることで、内面からの美肌ケアにもぜひチャレンジしてみてくださいね。

MENU