自分でできる美白対策 UV対策とスキンケア

予防のため日焼け止めやUVファンデーションなどをしっかりと塗り、スキンケアで肌を守りましょう

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 方法

UV対策とスキンケアでシミやくすみを防ぐセルフ美白対策

気になるシミやソバカス、くすみ。美白にはどんな方法があるのでしょうか?
大きく分けると、自分で行う「セルフケア」とクリニックで行う「治療」になります。そこで、今回は自分でできる美白対策として、UV対策とスキンケアについてお話します。この他にも、偏った食生活や暴飲暴食、不規則な生活、運動不足などもシミやくすみの原因となりますので注意が必要です。

≪自分で行う美白対策≫

  1. 1.紫外線から肌を守る
    やはり予防が肝心なので、日焼け止めやUVファンデーションなどをしっかりと塗り、後はできれば日傘や帽子、サングラスなどのアイテムも活用すること。曇っていても紫外線の80%以上が降り注いでいますので油断はできません。また、一日の中で10時~14時は一番紫外線量が多くなりますので、できればこの時間帯は外出を控えるか、しっかりとUV対策をして出かけましょう。
  2. 2.スキンケアで肌を守る
    美白成分の配合された美容液やクリームなどで肌を守ってあげること。かなり濃くなってしまったシミを消すことは難しくても、シミやくすみを予防することや薄いシミであれば改善することも可能。もちろん、薬ではないので効くとは言えませんが、予防の意味でも毎日のスキンケアは欠かせません。

美白成分として厚生労働省がその効能を認めたものは、ビタミンC誘導体、プラセンタエキス、アルブチン、コウジ酸、トラネキサム酸、ルシノール、ニコチン酸アミド、エラグ酸、カモミラETなどがあります。

スキンケアといえばマッサージやパックも加えておきたい美白対策のひとつ。ここでは自宅で簡単にできるヨーグルトパックについてご紹介しておきます。

【ヨーグルトパックの材料&やり方】

―材料―
プレーンヨーグルト・・・大さじ1
小麦粉・・・大さじ1
ハチミツ・・・小さじ1
緑茶(粉末)・・・小さじ1

―やり方―
ボウルや容器に材料を入れよく混ぜたら、厚めに顔に塗るようにし10~15分を目安に洗い流せばOK!

ポイントは、厚めに塗ること。分量は適当でもOKですが、ヨーグルトが多いと顔に塗った時に垂れやすくなりますので、上記の分量がおススメです。緑茶の代わりにココアでもOK。洗い流す際はゴシゴシこすらないよう、やさしく、丁寧に。すべて食べ物なので安心ですが、肌は千差万別なので敏感肌の方は目立たないところで少量試してからにしましょう。また、ピーリング効果が高いため週に1~2回までにしておくこと。欲張って毎日やらないようにしてくださいね。

MENU