化粧品よりも美白効果が高く即効性のある美白点滴

美容クリニックで行う美白点滴は、予防はもちろん、できてしまったシミやそばかすを薄くすることも可能

美白・美肌の専門サイト

悩みから探す美白 注射

化粧品よりも美白効果が高く即効性のある美白点滴

美白点滴は、美白化粧品よりもどのくらい効果があるのでしょうか?

そもそも“美白”というと「色を白くすること」と思っている方が多いはず。でも、本来の意味は色素沈着が少ない白い肌を目指すことで予防としての意味合いが強くなります。

また、美白という表現は薬事法でもキチンと決められていて、よく化粧品などで“美白”と謳っているものがありますが、薬用ではないのに「色が白くなる」「シミが薄くなる」といった効果をアピールするのは薬事法違反になります。

「じゃあ、美容クリニックの美白点滴はどうなの?」

信頼できる美容クリニックの美白点滴であれば問題ないはずですが、まずは美白有効成分が使われているかどうかで効果や安全面が大きく分かれるところ。

厚生労働省が認める美白有効成分の定義は、『メラニンの生成を抑え、シミやソバカスを防ぐ』ことが認められたもの、あるいはこれに類似した効能表示を認められた成分で、現在、認可されているものは約20種類あります。

≪厚生労働省が認める主な美白有効成分≫
  • アルブチン
  • ビタミンC誘導体
  • コウジ酸
  • エラグ酸
  • プラセンタエキス
  • リノール酸S
  • カモミラET
  • マグノリグナン
  • トラネキサム酸(t-AMCHA)
  • エナジーシグナルAMP
  • 4-メトキシサリチル酸カリウム塩(4MSK)
  • ルシノール

一般的に美白点滴で使われる美白成分の代表選手が「ビタミンC」と「プラセンタエキス」。プラセンタエキスは厚生労働省も認めている美白有効成分ですが、ビタミンCは認められていません。

「えっ!ビタミンCってビタミンC誘導体とは違うの?」

そうなんです。美白有効成分のビタミンC誘導体は、化粧品として配合する際、安定性や皮膚への吸収性が悪いというビタミンCの欠点を改善した成分のこと。「メラニンの生成を抑える」「できてしまったメラニンを還元する」といった美白作用については、ビタミンCもビタミンC誘導体も同じ。ですので、美白点滴のように皮膚の上からではなく直接血管へ注入するのであれば、ビタミンC誘導体である必要がないということです。

つまり、美白で重要なのは成分をどのような形で体内に取り込むかということ。美容液にしろ美白クリームにしろ、化粧品の場合は皮膚の上から塗るものなので、ビタミンCよりはビタミンC誘導体という形にしたほうがベスト。ところが、美白点滴の場合、直接血管に美白成分を注入するためビタミンCのまま取り込むことができ、その方が効果も高く即効性にも優れていると言われています。

また、美白成分として厚生労働省に認められているプラセンタエキスにしても、化粧品の場合、馬や豚のプラセンタエキスが使われることがほとんどですが、美容クリニックが美白点滴として扱えるのはヒト由来のものだけなので化粧品で使われているものよりもより安全性が高くなります。

本来は予防的な意味合いの美白という言葉ですが、美容クリニックで行う美白点滴に関しては、こうした配合成分の作用により、予防はもちろん、できてしまったシミやそばかすを薄くすることも可能ですし、シミよりも治りにくいとされる肝斑(かんぱん)の予防・改善にも効果的だとされています。

さらに、プラセンタエキスには肌荒れに効果的なビタミンB2、B6、細胞の成長を促進するB12などのビタミン群以外にも、インターロイキンなどの成長因子やロイシン、リジン、バリンなどの必須アミノ酸、マグネシウムやリン、亜鉛などのミネラル、酵素や核酸など多くの成分が含まれ、美白以外にも肌のたるみや小じわの改善にも効果があるとされています。

いずれにせよ、「即効で美白したい」「確実に美白したい」と思っている方であれば、美容クリニックの美白点滴がおススメです。ただし、施術を受ける際は、どのような成分が配合されているかを事前にチェックしてからのほうがいいかもしれませんね。

MENU